7.11.2017

Lyon


最近ホームズについて熱く語っているが、しばらくこの熱は収まりそうにない。

僕は、素晴らしい現実逃避先として、ホームズの世界、すなわち、19世紀末のロンドン・ベーカー街221Bに入り浸っている。

英語の勉強、という側面もある。僕はアラフォーだけれど、まだ英語を勉強している。しかし、英語というのは、日本人にとって、とてつもなく深い沼だと思う。

一応、ヨーロッパ人すなわちノンネイティブと話す分には、問題ない。しかし、英米人、特に彼らがグループで話しあっているとき、それについていくのは至難のわざだ。

目標は、ネイティブの輪の中に入っても問題ない、というレベルだけれど、そこまでたどり着くには、あと少なく見積もっても、20年はかかりそうだ。そうすると、僕は60歳近くになってしまうわけだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿