2017/06/19

Burg Eltz


エルツ城、という城を、先週末に見てきた。

この城は、ドイツ3大美城のひとつであるらしい。ほかの二つは、忘れてしまった。

城を観光して、帰ってきてから知った話だが、この城には幽霊が出るということであった。

それを聞いて、僕は、なんて素晴らしいんだろう、と思った。

ドイツに来てから、城をいくつか見て回ったが、ほんとうに素晴らしいものである。できれば、もし僕が富豪ならば、小さい城の一つくらい所有したいものだ。

ドイツの城には種類があって、「シュロス」というものと「ブルク」というものがある。シュロスは、どちらかというと大きめで、平野に建っていたりする。対してブルクは、山の上とか、丘の上とかに建っていて、要塞に近い。シュロスに比べると、小さめである。

僕の好みは、ブルクである。そして、ブルクの最上階は、大体、広間になっていて、そこで中世の騎士たちが、ビールを飲んで勝利を祝ったり、会議を開いたりするのだ。

そういう城をひとつ購入して、夜に一人、ビールを飲む。そしてその高さから平野を眺め、往時の貴族が、どのように戦略を考えたかということについて考える。そこに城の幽霊(いわば、城の本当の所有者)が出てきて、僕は彼/彼女にもビールを勧めるのだ。