2.24.2017

Dusseldorf


フランスっぽい写真だけど、ドイツである。


そして、まんまとロイヒトトゥルムを買った。とりあえずメモ用というか、打ち合わせ時のメモ取りにA4サイズを一冊、それとポケットに入る小さなものを一冊、買ってみた。まだあまり使っていないのでよくわからないが、なんというか、ほとんどモレスキンと変わらない。

確かにモレスキンよりは安いが、そんなに大きく変わるわけではない。紙は、すこし厚手かもしれない。でもたしかに、モレスキンを買うならこっちのほうがいいな、と思う。問題は、モレスキンがほとんどどこでも手に入るのに対して、ロイヒトトゥルムはそうではない、ということだ。たぶん商業的には、モレスキンのほうが成功しているのだろう。

外装はほとんどモレスキンと変わらない。モレスキンのかわりにロイヒトトゥルムと書いてあるだけである。ほんとうに。知らない人が見たら「それ、モレスキン?」と言われそうである。

そこで「いや、ロイヒトトゥルムだよ」と、さもロイヒトトゥルムというものが常識であるかのようにいいたい。自分も今まで知らなかったのに。というかこう言いたいがためにロイヒトトゥルムを買った、といっても過言ではない。

まあそういう自己分析はおいといて、大事に、でも大事にし過ぎず使っていこう。

しかし舌を巻きそうである。ロイヒトトゥルム、ロイヒトトゥルム・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿