2.12.2017

Liege


ドイツのラミーという文房具メーカーが好きで、よく使っている。

最初に断っておくと、そんなに品質がいいわけではない。別に悪いわけではないが、少なくとも値段相応の品質ではないと思う。日本メーカーの圧倒的コストパフォーマンスと比べれば。


まあそれはともかく、ラミーは好きである。


ところでドイツに住んでいるので、ほそぼそとドイツ語を勉強している。今のところ文法中心で、問題文の日本語を方端からドイツ語に訳して「書く」という作業をしている。ここでラミー君が登場する。


紙にこりこりとラミーでドイツ語を書いていく。この作業が愉悦に満ちている、ということに最近気がついた。写経に似ていると思う。写経、したことないけど。


一日に10個くらい、ドイツ語の文を、週3~4日くらいのペースで書いていく(残りの日は、一日に2杯くらい、ドイツビールを飲んでいく)。これが、何故か楽しいのだ。肝は、きっと「紙に書く」ということなんだろう。


余談だがラミーが男性名詞なのか女性名詞なのか中性名詞なのか検索しても分からず、気になる。誰か教えてほしい。ちなみにライカは女性名詞で「Die Leica」である。