10.26.2017


風邪をひいてしまった。

それで、ずっと家で寝ている。ほとんど外に出ていない。

先日、市内のアップルストアに行って、マックブック・エアを見てきた。ASUSのしょぼい液晶に慣れた目から見ると、写真がとてつもなくきれいに見えた。スペックのことはよくわからないが、ともかく十分に綺麗だった。

とりとめもない文章を書いている。しかし、写真についてもそうだが、何度も書いているとおり、もう「作品」を作ろうとは思わない。文章もそうだ。

そうではなく、ただ散歩する、写真を撮る、文章を書く、そのために散歩して、写真を撮って、文章を書く。

別にどこにも辿りつかない。

ロイヒトトゥルムのことを何回か書いた。サファリについても。そしてそのお気に入りのノートと万年筆で何を書くかというと、ほんとう、このブログ以上に意味のないことである。

しかし、それが最も正しい使い方なのではないか?と最近になって思う。そこに書き込む文章のハードルを、限りなく低く、あるいは失くしてしまうこと。「思いついたアイデア」ですらない。仕事のための「気づき」でもない。ただ、思ったことを書くだけ。

結局のところ、それが一番、「書くことの癒し」になると思うのだ。